Non-Programmers Talks - 非プログラマー トーク

[ 13:15-13:45 ]

CoderDojo への支援の形は技術的なことだけに留まることはありません。 ここでは、本業でプログラマー・技術者をやっていないCoderDojo支援者にフォーカスを当てて話を聞いてみます!

「CoderDojo へ支援したいけど、技術的な知識が必要では?」と思っている、あなたにとって価値のあるトークになると思います。

小粥 将直(おがい まさなお)

CoderDojo若葉若松(千葉県)チャンピオン/地元密着型の印刷会社
株式会社D&Pメディア代表取締役/NPO法人若葉まるまる部所属
NPO法人メディアユニバーサルデザイン協会理事

2017年夏、小学生の息子と初めてCoderDojoに参加、その後親子でハマり、 2018年4月、親子でCoderDojo若葉若松のチャンピオンに。近隣のCoderDojoと連携を取りながら小学校での出前授業などを行う。

金江 浩美(かなえ ひろみ)

CoderDojo光のメンター
ごく普通の、なんの技も使えない、事務員で主婦
excelのVBAが少し分かる程度
物作りにも興味をもっていて、時々、半田ゴテを持って、何かを作っている。

篠原 寛行 (しのはら ひろゆき)

パソコン教室あづみ野代表(1999年6月~)
あづみのWi-Fi代表事務局(2012年4月~)
AzuminoCoworking(安曇野コワーキングスペース)管理人(同年10月~)
しの389安曇野(農家民宿)宿主(2015年4月~)
パクチー銀行安曇野支店ATM支店長(2015年4月~)
CoderDojo安曇野メンター(2017年5月~)

普段の生活の中にパソコン、携帯、スマホが浸透した今、手や足、目、耳となって人と人を結び、自立を助けてくれる道具として正しく使われますように、と・・・パソコン教室を開業しました。
人とのつながりの中でCoderDojoを知り、活動内容と将来性にとても共感して昨年春から当AzuminoCoworkingでCoderDojo安曇野を始めることになりました。
私自身、プログラミングは発展途上です。プログラミング以外のことでDojoに役立つ(かもしれない)ことをお伝えできればと思います。